安全のために庭木の伐採~迅速対処ですぐに駆けつける業者~

伐採についての基礎知識

ガーデニングをしていると、こまめに庭の手入れをしているはずです。しかし、草刈りと違って庭木の伐採は危険が伴いますし、専門的な知識や技術がないとできない難しい作業です。ここで、伐採とは何かについて紹介します。

伐採って具体的に何をするんですか?
伐採というのは木を根元から切り倒す作業のことを指します。一般的には山林や森林などで行なわれますが、自然破壊に繋がると考える人もいるでしょう。しかし、これは成長しすぎた木々を適度に伐採し、山林や森林の環境を保つために大切なことでもあります。また、山林や森林での伐採ではむやみに木を切り倒すだけではなく、無駄に伸びた枝を切り落として成長の阻害を防止したり、日当たりを良くするといった作業も行なっています。
庭木の伐採について教えてください。
一般住宅で育てている庭木は、適度に伐採しないと隣接している住宅に成長した庭木が侵入してしまったり、害虫の発生や日当たりが悪くなるといった被害が起こります。そのため、大きくなった庭木を伐採することは、庭の外観を良くするだけではなく余計なトラブル防止にも繋がるのです。しかし、庭木の伐採を知識や技術力がない人が行なってしまうと、予期せぬ事故が発生する恐れもあるため、なるべくなら専門の業者に作業を依頼すると良いでしょう。

こんな庭木は早急な伐採が必要

チェンソー

伐採が必要な庭木を知っておくと、庭の景観を維持できます。ここで、すぐに伐採をするべき庭木の特徴を紹介します。

折れたり倒れてしまったりしている庭木(40代/植木屋さん)

台風などで折れかけている庭木はすでに脆くなっているので、少しの風でも倒れる恐れがあります。広い場所なら問題ないかもしれませんが、一般住宅の狭い庭の場合は人やモノに当たる可能性があるので、すぐにでも伐採を依頼した方が良いでしょうね。ちなみに狭い場所での伐採はプロの力を借りた方が安全ですし、綺麗に仕上がりますよ。

病気または害虫を駆除する目的での庭木を伐採(30代/剪定・伐採業者)

ガーデニングをしているときに、庭木の葉が変色していたり、虫が付いている場合はすぐに伐採するべきです。庭木も人間と同じように生きていますので、病気にかかることがあるんです。この状態のままで放置していると、他の健康な木や植物に病気が感染したり、住宅に害虫が侵入する可能性もあるので、業者に伐採を依頼しましょう。

まとめ

自宅の庭木が「早急に伐採をした方が良い」状態だった場合、慌てて自分で伐採をするのは止めましょう。特に台風の影響で折れかけている庭木というのは、全体的に強度が落ちていて、作業の途中で倒れる恐れがありますし、仮にうまく伐採が出来たとしても、その後の処分方法で戸惑うはずです。しかし、庭木の伐採を行なっている専門業者であれば、培ってきたノウハウを活かして安全かつ丁寧に作業をしてくれるため、安心して任せることができます。

TOPボタン